大人ニキビができてしまう人に多いのが、肌を休ませることが出来ていない人。
ニキビだけの話ではないのですが、肌は常に外的ストレスにさらされていますので、できれば毎日肌をリラックスさせて休ませる時間が欲しいもの。

外的ストレスは主に紫外線や車の排気ガス、ほこりやPM2.5などたくさんあります。
肌が外的ストレスを感知すると、人間は肌を守るために皮脂を多く出すように肌に指令を送ります。
結果肌の脂質が増え、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが出来るのです。

女性の場合は、実はお化粧も外的ストレスの要因になりがち。
大人なので、やはり外出するときは、最低限のお化粧はしますよね。
特にファンデーションは、誰もがする化粧のひとつ。

もちろんファンデーションは時と場合によっては外的ストレスから肌をバリアする効果もあります。

注意するべきことは、家に帰ったらきちんとクレンジングをすること。

それも、ファンデーションを確実に落とすクレンジングをする必要があります。

落としきれないファンデーションは、汚れとなって毛穴に詰まってしまいます。
詰まった毛穴は、皮脂が外に出きれなくなるので、内部で皮脂が溜まってニキビの原因となってしまいます。
クレンジングをする時の注意点としては「キチンと落とすこと」と「落としすぎに注意する」こと。

汚れが良く落ちるクレンジングを選ぶには、泡がポイント。
泡立てたときにきめ細かい泡が立つものを選びましょう。
泡が大きすぎると毛穴の中まで入っていかず、汚れが落としきれない可能性があります。

汚れをキレイに落とすにはクレンジングを選ぶことも重要ですが、落とし方はもっと重要です。

ありがちなのが「キレイに落とさなきゃ!」と思って強く肌をこすって落としすぎること。
肌に摩擦が起こったり、指先を使って強くファンデを落とそうとすると、肌組織を傷つけてしまい、逆にダメージを負わせてしまうことがあります。
クレンジングを泡立てたら、肌に乗せて洗い流す程度でOKです。

ニキビができたら、ファンデーションにも気を遣うこともあるでしょう。
ですがファンデーションをしてもいいので、家に帰ったら早い時間帯にきちんとクレンジングをすれば大丈夫です。

大人ニキビは肌を休める日を作ることも大切。
大人ニキビは肌を休めよう
しっかり肌をお休みさせて、ターンオーバーを正常にし、毛穴が詰まらない生活を送りましょう。