生活習慣の乱れはニキビのリスクを高め、ニキビを悪化させる他、ニキビ跡の形成にもつながります。
そのため、長期的に考えたニキビケアでは生活改善が重要になります。
生活改善の基本は食事、睡眠、運動です。

食生活の乱れ、特に食事が偏りがちだったりや油が多い食事を好んで食べる人は、皮脂分泌を促進させるともされているため、ニキビトラブルが発生しやすいということが考えられます。
また、皮膚の機能には様々な栄養素が関わり支えているため、しっかりとバランスのとれた食事をしなけれな皮膚の状態は改善が図れないのです。
そのため、食事で心掛ける改善としては、油分や糖分は控え、良質なタンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に取り入れることが挙げられます。

睡眠不足は美肌の、そしてニキビの最大の敵です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、睡眠時間は肌の生まれ変わりの時間になります。
睡眠不足で睡眠時間が少なかったり、睡眠の質が悪いと肌の再生が上手に進まず古い角質がどんどん蓄積されターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーの乱れはニキビの原因にもなるだけでなく、ニキビ治療の妨げになります。
毎日、十分な睡眠をしっかりとれるように心がけることが大切です。

また、日々の適度な運動は健康的な体を維持するだけでなく、ニキビ治療や予防に有効です。
新陳代謝が高まることで肌の状態も向上させることが期待できるのです。
ストレッチやウォーキングなど、日常の中で体を動かすことを意識することが大切になります。

このように生活改善の基本は食事、睡眠、運動ですが、もう一つ気を付けたいこととしては、ストレスの軽減が挙げられます。
ストレスが直接的にニキビに影響を及ぼすということはないとされていますが、ストレスが多い状態では生活習慣が乱れやすくなります。そのため、ストレスもニキビの要因の一つとして挙げられることがあります。
ストレスは貯めこまずに、日常で解消していくことが心と体のために大切です。

ニキビトラブルは、ただ単に皮脂分泌が多いというだけが原因であるということはありません。様々な要因が絡み合い、ニキビの悪化や増加を招くのです。少しでもその要因を減らすためにも、ニキビケアのための生活改善を行いましょう。