20代過ぎてからできるニキビは、大人ニキビといわれます。

よく「吹き出物」ともいわれますね。
吹き出物のケア方法
大人ニキビは、思春期ニキビと同じように、なかなか治らないのが特徴です。

思春期ニキビとの違いは、思春期ニキビができやすい部分が頬、おでこにたいして
大人ニキビはフェイスラインのUゾーンに出来やすいのが特徴です。

思春期ニキビと大人ニキビはできる原因が違います。

思春期ニキビは成長期によるホルモンバランスの崩れが一般的な原因ですが
大人ニキビの場合は、生活習慣の乱れ、肌の老化、自律神経の乱れ・・・

このようにたくさんの要因があり、どれが大人ニキビの原因なのかわかりづらいのです。

大人ニキビを少なくするひとつの方法としては、肌を休めるということ。
大人になれば誰もが社会へと出ます。

そのときに絶対にするのがファンデーション。
なかにはファンデーションをしない人も少なからずいますが、
ほとんどの女性はファンデーションをしますよね。

ファンデーションはきちんとクレンジングオイルなどで落とさないと
肌に付着したまま汚れとなってしまいます。

このファンデーションの汚れは、毛穴を塞いでしまい、
ふさがれた毛穴の奥では皮脂が増えてニキビの原因となってしまいます。

化粧をまったくしないというのは、不可能な人もたくさんいるでしょう。

ですが、お肌を休めることはできます。

家に帰ったらすぐに化粧を落とす、そしてニキビケアをする。
これだけでもお肌の質はまったく変わります。

ホルモンバランスの乱れを治したりすることは原因がわかりづらく
また生活習慣を変えなければいけないため難しいことも多いですが
それよりも簡単な「お肌を休める」という方法。

これだけでもまず今日からスタートしてみることで
大人ニキビが減っていく可能性はあります。
また、ニキビができている肌は脂性肌になっていたり肌のバリア機能が低下している状態になっていることが多いので、正常な肌を蘇らせるためには保湿がとても大事です。
保湿を正しくキチンと行うことで角質もやわらかくなり、毛穴も詰まりにくくなるので新たなニキビができる予防にもなります。

大人ニキビがなかなか治らないという人は是非試してみてくださいね。