ニキビができてしまったとき、市販のニキビ治療用で治そうとする人は多いと思います。

しかし、自己流のニキビ治療は簡単ですが、問題も多ることを知っておきましょう。

一般に市販され、医師の処方がなくても購入できる治療薬は一般用医薬品と呼ばれます。

ドラッグストアやディスカウントショップでは、この一般用医薬品に当たるニキビ治療薬が多く販売されています。

市販のニキビ治療薬には様々な種類があり、ニキビ治療に対する効果が得られる治療薬もありますが、中には肌のかぶれや炎症を引き起こしてしまうものもあり注意が必要です。

ドラッグストアなどで市販されているニキビ治療薬には、角質剥離剤というものを含むタイプの外用薬があります。

専門的には硫黄カンフルローションと呼ばれ、表皮の角質を取り除き毛穴の詰まりを改善するため、初期のニキビに有効であるとされているものです。

 

しかし、実はこの硫黄カンフルローションは、欧米ではニキビの治療薬として認められておらず、逆にニキビを悪化させてしまうとされています。これは、硫黄カンフルローションが肌に強い刺激を与えやすく、皮膚を乾燥させてしまう可能性があるためです。
とは言っても、欧米人と日本人の肌質は異なるものですし、ニキビ治療薬による効果や影響は非常に個人差が大きいものです。

また、ニキビ治療には進行段階にあった治療が大切になります。
日本のクリニックで出されるニキビの薬は比較的安全といえるでしょう。
薬によるニキビ治療

たとえば、ニキビの初期段階では炎症を起こさないための抗炎症作用が重要ですが、その次の段階ではアクネ桿菌の増殖を防ぐための殺菌作用が重要になります。
市販のニキビ治療薬では、この進行段階ごとの治療を行うことが難しいという問題もあります。市販の治療薬が細かな段階別になっていないことに加え、進行段階にあった治療は素人判断では難しく、市販のニキビ治療薬では効果が得られない場合が多いのです。

市販のニキビ治療薬によりニキビを治すのであれば、まずは自分の肌質を考えて治療薬を選び、効果が出なかったり、かぶれや炎症などの症状が出る場合にはすぐに使用を中止することが大切です。

 

そして、市販のニキビ治療薬で治らない、または悪化が認められる場合には、専門のクリニックでしっかりと治療をするようにしましょう。
専門のクリニックではディフェリンゲルというよく効く薬が出されます。
ディフェリンゲルってどんな薬?

あまり悩みすぎるよりも病院に行けば解決することもあります。